037.jpg

​Ryoのこと

Story 

工房Ryoは
シルバー、18金、プラチナ900の金属で、今までに8000種類のオーダー作品を制作してきました。

 

 

どこにもないような発想とデザインが、いくつかの全国誌に取り上げられ、これをきっかけに、みなさんに知っていただけるようになりました。

 

 

 

2000年 ストリートジャック(全国誌) 

独特な動きで指や腕にフィットする

クリーチャージョイントで話題に。

 

2002年 聖銀辞典(全国誌)

職人ヒストリーの3人に選ばれました。

 

2003年 日経トレンディ(全国誌)

全国の企業のアイデア、技術の逸品として掲載され、

全国からお問い合わせをいただきました。

he411111111_edited.jpg
024.jpg
スクリーンショット 2020-11-22 112259_edited.jpg

このマークは特許庁で商標登録した工房Ryo独自のマークです。

 

このマークの”C”は「鋳造」、”T”は「鍛造」を表しています。

 

「鋳造」は型に溶かした金属を流し込む方法。

「鍛造」は金属を叩く方法。

 

 

工房Ryoでは「鋳造」と「鍛造」の両方の製造方法を用い、最終的には人の手で仕上げています。

 

特に、ハワイアンジュエリーと鎚目(つちめ)リングは、継ぎ目のない指輪を鋳造で作り、鍛造で指輪を叩きながら硬くします。

 

 

鋳造と鍛造のいいとこ取りで制作しています。

 

 

今はCADや切削機など色々な機械も使いますが、最後は長年作り続けている職人が厳しい目で確認し、その手で仕上げています。

2441.jpg
031_edited.jpg